【出会い系アプリ】付き合う前にお泊り・・・【体験談】

付き合う前にお泊りをしてしまうという逆転がなぜ起きたのか

私は身体目的の出会いを求めていたわけではなく、真剣にお付き合いしたいと思っていました。それでも当時、長年付き合っていた彼氏にふられて何年も心のどこかに彼がいて、寂しくて寂しくてたまらないという状況でした。

そこで、出会い系のアプリを通じて数名の男性と出会い、デートをしたりをしていました。この時点で自分のメンタルが「寂しい」「誰かといたい」という気持ちが強く、順序が逆になりやすい状況だったと思います。

さらに私は末っ子で甘えん坊という性格もあり、男性にボディタッチをしたり、甘えるようなことを言うことに、照れもためらいもなくできるタイプだったので余計にそういった雰囲気になりやすく、自分からしてしまっているんだなと痛感させられることも多々あります…。この時、寂しさを埋めてくれる人を無意識に求めていたんだと思います。

お泊りにいたった経緯。出会い系アプリで知り合った2個上の男性

メールや電話のやり取りの中で、一切下ネタも言わないし、年上でお兄さんという感じがして、とても惹かれました。連絡を取り合うようになってから1週間ほど経ち、ついに仕事後にデートをすることになりました。

居酒屋さんでお酒を飲みながら楽しく話していたのですが、緊張もしていたので私はお酒がハイペースで進んでしまいました。もともと、仕事終わりの時間から飲み始めたのであっという間に23時。そして私はほろ酔いを通りこしてだいぶ酔っぱらっていました。酔っぱらうと人肌恋しいと感じる私は彼にかなりボディタッチをし、誘うような態度をとっていました。

頭の中では「こんな簡単に体の関係ができるなんて思われたらだめだ!軽い女だと思われるし、今後そういった関係でしかいられなくなるかも」とわかってはいるのですが「寂しさ」「甘えたい」という気持ちが勝ってしまい、さらに終電もなくなりそうになり焦りもあって、私の家に泊まることになりました。

結局、私の家に泊まり一線を越えてしまい・・・

その場では恋人のようにイチャイチャしたり仲良くしていたのですが、彼が帰った翌日以降、連絡が取れなくなりました。あんなにうれしそうだったし、寝るときは腕枕とかしてくれたのに…(涙)でも彼はそれなりに真面目そうな人だったし、酔いがさめたら「なんて軽い女なんだ!初めて会ったその日に自分の家に泊めるなんて。

浮気もしそうだし、信用できないな。と思われたのかもしれません。自分でもそう思います。酔いがさめたら「やってしまった…もう体目当ての関係しか望めない。」と思いました。

「彼のことが好きだったのか?」と自問自答しましたが、良い印象ではあったもののまだ知っているところは少なすぎるし、好きとまではいっていません。元カレが忘れられなくて、寂しくて、甘えたかった、ただそれだけだったんだなと思います。

恋人がほしいなら、まず寂しいとか誰かにそばにいてほしいという気持ちから解放されてから出会いを求めに行動に移すべきだなと学びました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする