【初めてのお泊りデート】彼氏の家でやってはいけないNG行動集

付き合ってからしばらく経ってついに彼氏の家にお呼ばれして初めてのお泊りデートの日がやってきた時に、これで安定した長期恋愛確定!と浮かれるのはまだ早いです。 初めてのお泊りデートでの立ち居振る舞い次第で「なんかだらしないなあ。」「この子、ちょっと合わないかも?」と幻滅されてしまってそのまま…なんてことも充分にあります。 ここでは彼氏の家にお泊りデートでやってはいけないNG行動を紹介します。

断り無くいろんな場所を物色するのはNG

彼氏の家に呼ばれる関係になったということはそれだけ心を許してオープンな関係になったということですが、だからといって彼氏の家で自分の家のように自由に振舞うのはまだ早いです。 男にとって自分の部屋は城のような物。

だれにも見せないプライベートな空間なのが基本で、彼女がお泊りするから見せたくないものは見えないところに隠したりいろいろ苦労しているはずです。 それなのに、彼女だからといってトイレ、冷蔵庫、戸棚、ベランダなどなど平気で開けてしまうと「遠慮のない女だな。」と機嫌を悪くしてしまいます。 最初のうちは「冷蔵庫開けてもいい?」「シャワー借りていい?」ときちんと断りましょう。

お泊りしたのに何も無しはNG!

彼氏にとって彼女とのお泊りデート=やっぱり夜はエッチという期待を必ず持っています。もちろん気分次第とはいえ、せっかくお泊りしたのに何も無しというのは最初のうちだけでも避けましょう。

生理、気乗りしないなどなど理由があって夜にエッチしないつもりの日は早めに彼氏に言って泊まらず帰るとか、お泊りを他の日に変更するのがおすすめです。 一晩泊まったのに何も無しというのは男にとって情けない、拒まれたような気分になってしまい引きずるものです。

彼氏の部屋を汚して帰るのはNG

彼氏の家にお泊りして帰るときは絶対に来た時より部屋を綺麗にして帰りましょう。彼女が帰った後、洗い物、空き缶、ごみなどが残っていて水周りが汚い、ベッドがぐちゃぐちゃのままで彼氏が一人で片付けなければいけなくなったらきっと一人で「この子で本当にいいのだろうか?」と疑問を感じてしまいます。

特に一人暮らしをしたこと無い彼女は、使ったクッションを戻したりするのを忘れがちです。 ちょっと部屋を整えて帰るだけで育ちが良い印象を与えられるのでここで手を抜くのはNGです。

彼のライフスタイルに口出しするのは厳禁

最後に、付き合っているといっても彼氏の部屋は彼氏の自分自身の城です。物の片付け方、インテリア、ライフスタイルなどそれなりに拘って生活してきた場に彼女を招いているわけなので「バスタオル、ここに広げたほうがいいよ。」「このテーブル低すぎない?」なんてダメ出しはNGです。

些細なことでもライフスタイルへのダメ出しはもっと長く付き合うか同棲してからにしましょう。 いかがでしたか?せっかくのお泊りデート、NG行動を避けてちょっとのことに気を使うだけで好感度アップのチャンスに変える事ができます。がんばってお泊りデートでますます彼氏との距離を縮めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする