【お泊りデート】生理・親・服装の悩み

生理は突然やってくるものです。いつもはやってこないのに何か生活変化があるとすぐ来たりします。お泊りデートの約束があっても生理があるとしても断りにくいです。気になるのはまずエッチが出来ないことです。

エッチが出来ないだけで男性を不満にさせてしまうし、生理の加減で不安になったりします。生理が来たら心配になります。

服装をいつもより気にしなければいけない

服装を気にするところはTシャツ、ブラウス、チュニック、ズボン、スカートではありません。問題は下着です。男性に見られて恥ずかしい下着、男性が喜ぶ下着、男性が喜ばない下着などを考えてしまします。

下着でがっかりさせるとこれ以上、上手くいかないかという心配があるし、男性が喜ぶ下着はどんなものがいいかと考えてしまいます。おまけにパンツが汚れていたり、織物用ナプキンをつけているときに汚れているところを見られると恥ずかしいです。

このときに陰部の臭いがあったり織物の様子が違うと、男性が引いてしまいます。本当のことを言わないと逆に男性は見たがるから心配になります。体の臭いなども気にしないといけないから難しいです。

親には話しづらい

どの女性でも感じることが親の問題です。彼女の部屋に来るときでも彼氏の部屋に行くときも同じです。いままで付き合っていることを隠していると、急にどこにお泊りに行くのかと心配させます。

しかしこの状況だけならまだいいですが。この後がさらに気になります。例えば父親だと、まだお泊りデートは早い、せっかくの親しいお泊りデートなのに彼氏にふさわしくないという意見を言うところもあると思います。一方母親の場合は多少気遣ってはくれますが、実際に心配しているのは父親ではなく母親が心配することもあります。この場合実家で暮らしているとお泊りデートがしづらい環境になります。

少しでも工夫するためには、アパートがあればお泊りデートの親に関する悩みは心配しないで済むことです。どうしても親というのは子供と一緒にいたくてお泊りデートを嫌がる両親が多いです。男性の場合は両親は反対しませんが、女性の場合だと頑固な父親が子供に頼りすぎたり期待しすぎたりする面もあります。お泊りデートがすぐに出来ないのも必要ではないときに両親がいるからです。

お泊りデートは難しい

生活習慣も変わってしまうため眠れなくなったり、環境も違ってストレスに変わってしまうこともあります。これが原因で関係が崩れることは避けたいと思っている人もいます。

少しでも悩みをなくす方法は、彼女もアパート、男性も違うアパートで暮らすのがいいです。もし両親に許可が出ている場合お泊りデートは毎日ではなく、ときどきにするところから始めるのもコツです。生理が心配なときは生理が終わって数日してからがいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする